交通事故の後遺障害は弁護士に相談しよう【Helpミー士業】

裁判

不当な理由でクビになる

woman

働いていたい会社から不当な理由で解雇されてしまった場合は、不当解雇に当てはまります。不当解雇は違法なので、不当な理由で解雇されてしまった労働者は弁護士に依頼し、会社を訴えることができるのです。価値観があわない、意見に歯向かうなどの理由から従業員を解雇することはできないので、雇用者はしっかりと雇用する人を審査しましょう。また、女性従業員が妊娠したことを理由に解雇するのは不当解雇にあたります。妊娠や育休は解雇の理由としてふさわしくありません。そのような理由で解雇されてしまった場合は、弁護士に相談し会社を訴えることが可能です。不当解雇についての裁判は今でも数多く行われており、労働者が多く勝訴しています。会社に戻ることも可能ですが、多くの会社では示談金や裁判期間中の給料などを支払って解決しています。しかし、場合によっては勝訴を勝ち取れないこともあります。

その会社が明らかな経営不振の場合や、労働者の勤務中の態度が悪い場合は勝訴できない可能性があります。経営不振から雇用人数を減らすため、リストラを指示する際、きちんとした理由を説明し、適切な手続きなどをした場合は不当解雇になりません。しかし、労働者が納得していない上で解雇した場合は不当解雇になります。そのため、会社の経営不振を理由にしたとしても、労働者が納得していない場合や、労働者に問題点が見受けられない場合は不当解雇として弁護士に相談しましょう。また、社長や上司が数名で囲み辞職を強要してきた場合も不当解雇にあてはまります。さらにその際は脅迫罪などにも関連してくるので、そのような事実があったことを証拠に残しておくことが適切です。会社から辞職を強要されている場合や、不当解雇されてしまった場合はすぐに弁護士へ相談しましょう。